モテスクールの恋愛ゼミナール

メールマガジンを発行しました。題して「モテスクールの恋愛ゼミナール」です。 サイトにある理論のエッセンスに加えて、より実践的な事にフォーカスして行きたいと思います。

下のフォームまたは こちらのまぐまぐのサイト より登録解除ができますので、よろしくお願いします。

  • 入会金・年会費等はいっさいありません。
  • 入退会はもちろん自由です。

メルマガ購読・解除
 



モテスクールの恋愛ゼミナール サンプル号

1. モテスクールで真面目に恋愛を学びましょう。
2. 恋愛小ネタ
3. Q&A

こんにちは。
今日は花見に行ってきました。
春って別れの季節でもあり、出会いの季節でもありますよね。
新しく迎える恋愛のためにモテスクールでしっかり勉強しましょう。

---
1. モテスクールで真面目に恋愛を学びましょう。

「恋愛を学ぶ」っていう響きってどうでしょうか?
何かモテない人の行動みたいで、ちょっと恥ずかしく思ってしまいませんか。
確かに自然体でいる方がクールに見えますし
友達にもそんな風に恋愛を真剣に学んでいる人もなかなか少ないかもしれません。
けど、やがて素敵な人と出会うのを夢見て、ただ何もせず待っていてもいいのでしょうか。
悠長に待っているあいだに幸せを逃してい待ったりしていませんか?

確かに、恋愛だけが人生ではありません。
仕事も大事です。趣味に取り組むのもいいでしょう。
けど、恋愛を通じた幸せというは、ほかでは決して味わえない類の幸せですよね。
一度の人生です。真剣に恋愛にとりくんでみませんか。

ちょっと例え話をさせてください。

ある会社の営業マンがいます。
彼(彼女)は営業やマーケティングのことを真剣に学んでいません。
はずかしくて自社商品を顧客に売り込むことができません。
なんに準備もせずに顧客訪問やプレゼンに臨みます。

そして、彼(彼女)は商品が売れなくて悩んでいます。
あなたはどうアドバイスしますか?

恋愛ついても全く同じです。
真剣に恋愛を学び、真剣に幸せをついて考えましょう。

---
2. 恋愛小ネタ

ここでは恋愛トークなんかで使える小ネタについて話したいと思います。
有名人の名言やエピソードなんかをあげて考察したいと思ってます。

"愛の反対は憎しみではない。無関心である。" マザー・テレサ

有名な名言なのでご存知の方も多いと思います。
彼女がこのように発言した趣旨よりも、より広い意味での解釈ができますよね。

つきあっている彼や彼女についてひどく腹が立つことってあります。
デートをすっぽかされたり、大事な記念日を忘れられたり。
でも、腹が立っているというのは、好きだからこそ思う気持ちですよね。
好きであればあるほど、激しく腹がたつことになります。

好きな人のことで腹が立ったときは、これも好きだからこその気持ちなんだな
って思ったりすれば、少し憎しみも減らせることができるかもしれませんね。

---
3. Q&A

ここでは、読者からいただいた質問などに答えていきたいと思います。
最初は考えられそうな問答をつくっていきます。

Q: 恋愛マーケティングとはどんなものですか?

A: マーケティングとは自社の商品なりサービスなりを
顧客に認知してもらって購買行動を促す活動のことをいいます。
体系だった学問の分野にもなっていて、ビジネススクールの科目とかにもなってます。
これらの分析手法や戦略などは営利企業の販売促進のみならず他の様々な分野でも応用可能です。
たとえば2012年のアメリカ大統領選挙でオバマが勝利した要因の一つとして、
民主党のマーケティング戦略が洗練されていたからだという分析もあるようです。

マーケティングは、恋愛に関しても応用可能です。
なぜなら、恋愛とは恋する人という顧客に自分という商品を売り込んむプロセスに他ならないからです。
恋愛についての応用がこれまで進んでいない理由は簡単です。
ビジネスにならない、つまり「お金にならない」からですね。
ビジネスにとってお金が重要なのと同様に、幸せについて恋愛は重要ですよね。

人々はお金よりも愛が重要だといいます。
でも、お金やビジネスについては真剣にみんな真面目に勉強するのに
なぜ愛については誰も真面目に勉強しないんですかね?

---
メールマガジン「モテスクールの恋愛ゼミナール」
公式サイト:http://mote-school.ip-a.net
質問・問い合せ:mote-school@ip-a.net
登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001600331.html