恋愛カリキュラム > 恋愛心理学 > フット・イン・ザ・ドア/ドア・イン・ザ・フェイス

このエントリーをはてなブックマークに追加

フット・イン・ザ・ドア/ドア・イン・ザ・フェイス

posted by: iPA

フット・イン・ザ・ドア テクニックとは?

有名な心理テクニックに、フット・イン・ザ・ドア、というのがあります。 小さな要求に答えてもらいながら、その要求をだんだんと大きくしていくことにより、 知らず知らずのうちに大きな要求に答えてもらう、というものです。

たとえば、友達から1万円借りたいとしましょう。 いきなり「1万円貸して?」というと断られる可能性が高いとします。 その時は貸してくれそうな額から聞きます。 例えば「千円貸して?」ときいて、快諾してもらったあと、 「ごめん、やっぱ1万円貸してくれない?」と聞きます。 そうすると最初から、「1万円貸して?」というよりも高い確率で貸してもらえるんです。

なぜ、そういう現象が起きてしまうかというと、 人間は深層心理の中で、言動に一貫性を保とうとする本能があるからです。 今日言うことと、明日言うことが、全然違う人は社会的に信頼できないですよね。 だから社会の中にいきる私たちは、信頼のおけない人間と思われたくないために、 基本的に言動に一貫性を保ちたい・保つべきだと、無意識に思うわけです。

フット・イン・ザ・ドアは、この一貫性を保ちたいという潜在意識を利用したものになります。 最初に千円を貸すという行為が、あなたを助けるというコミットメントになり、 その一貫性を保とうとする潜在意識を利用することによって、一万円を借りられるようになるわけです。

date

このテクニックは 恋愛ステージ でいうと、デートの約束を取り付ける可能性(デート率)を高めるのに特に有効ですね。 また、手相をみるという大義名分のもと、相手の手に触れることにより、 手を触ってもいいよ、っていうコミットメントになり、 結果的に手をつなげられる確率を高くできたりもします。

OKしてくれそうな要求を積み重ねながら、少しづつ前に進めましょう。 ちなみに、判断に一貫性を保つことができると人間はとても気分が良くなります。 あなたも要求に答えてもらうので、お互いハッピーというわけですね。 このテクニックはモテ度を上げるのに重要な要素になるので頑張ってモノにしてくださいね。