このエントリーをはてなブックマークに追加

彼女がいたときのほうがモテる理由について、3つの仮説

posted by: iPA

自分の身の回りの男に聞いても、まず同意してくれるのだが 彼女がいるときはいないときに比べて、なぜか女の子にモテるような気がするのだ。 もし、それがホントだとしたら、それはなぜだろうか? 以下で、3つの仮説(勘違い説、みかけの相関説、因果説)について検証したい。

1.彼女がいるときと、いないときで、モテ度に有意差はない(勘違い説)

彼女がいるときに、ステキな女の子にモテたとしよう。 そんなときは、いやーもったいないなー、彼女いなかったら付き合ったのになあ。 うーん、でも折角だし、ちょっと・・、いやいや、いかんよ。彼女に悪いしな・・。 みたいな感じに 印象に残るわけである。 もし、彼女がいなければ、そのまま付き合えたり、付き合えなかったり というステージに行くので、さして印象は残らないかもしれない。 つまり、モテるモテないというよりは、単に印象に残るか残らないかが 大きく影響しているだけであって、実際に差は無いという可能性もあるのである。

2.彼女がいるときは、一種のモテ期のような状態であり、その結果、モテ度は高い(みかけの相関説)

1のケースは、結局モテ度は変わらないという仮説であったが 今回はやはり差があるというという仮説である。 たとえば、あるときにカネ周りがよくなり、ちょっとお金持ちになったとしよう。 そうなると、やはり女の子にモテる可能性は高くなる。 その結果、彼女もできるし、また彼女ができても他の女の子にモテる可能性は高くなるわけである。 つまり、彼女がいるのとモテるのには直接な因果関係はないものの モテ期になれば両者は同時に生起する可能性がたかく、見かけ上、相関が高くなるというわけである。

3.彼女がいるときは、何らかの変化があり女性にモテるようになる(因果説)

彼女がいることで、なんらかの変化というものがあるように思う。 例として適切かわからないが、「つめを短く切るようになる」という変化があるとしよう。 その変化が、なんとなく男性の魅力を高め、その結果普段よりモテるというわけだ。 女性は男性に比べ、身の回りの小さな変化に対する感応度が高く その変化が意味するモノの(理屈をすっとばした)洞察力がとても高い という印象を僕はもっている。 たぶん、男にはなかなか観測できない表情や言動の少しの違いがわかっちゃうのではないだろうか。

3つの仮説は、どれもありうる話だが、著者の印象では因果説が有力だと感じてる。